出川 哲の諸行無常

出川 哲の諸行無常 雑記BLOGです。

日本で人間関係を円滑に行う最良の言葉遣いとは?

日本で人間関係を円滑に行う最良の言葉遣いとは?

SNSの発展により、日本人は更にSNS疲れを起こして居る人も多数いるのではないだろうか?

若い子は所構わず、ムカつく事があればSNSでキレる。

挙げ句の果てには諸先輩であっても簡単にブロックしてくる。

本当に自由奔放だ。

出川 哲の時代などであれば体罰などは当たり前で、先輩から鉄拳制裁なんて言うのは当たり前で、学校は愚か、教師もグルで隠蔽なんてのはざらだった。

SNSが発展して、偽アカウントを作ったりして暴露してワザと炎上させる人も沢山居るだろう。

...そんな事をしても後の祭りなのだが。

f:id:degawa_tetsu:20180212123140j:plain

日本は10通り以上の言い回しがある

日本では一つの言葉遣いで10通りに近い言い回しがある。

それに比べて、海外諸国、
英語圏は1-2つくらいだ。

考えるのすら頭が痛くなってくる。

直ぐにタメ語を使ったり、調子こいておちょくる様な輩も後を絶えない。

 

相手の土俵の上に乗ってはあけない

例え、相手が煽ってくる様な口調をしてきたり、タメ語を使ってきたりしてもそこは一呼吸置いて、
相手の土俵の上乗らないことだ。

尊敬語、謙譲語などの事細かいことなぞ今の日本人が分かるわけもない。

かく言う出川 哲も同じで分からない笑

分かる訳がない。そんなものは教育レベルが下がって居るあたりで必要もなくなってきているのだろう。

円滑なコミュニケーション、言葉遣いとは?

出来る限り、職場や私生活でも人間関係が長い互いをよく知り合っている関係性以外は、敬語を使うべきだろう。

歳下であっても職場の上司であれば尚更である。

そして、歳下であれば言葉遣いを
諭すのではなく、

"ハイハイ"と受け流すつもりでタメ語を使われても、受け流し、タメ語で返してやれば良いのだ。

日本で人間関係を円滑に行う最良の言葉遣いとは?

結論は相手の土俵に乗らない事だと出川 哲は感じるのだ。