出川 哲の諸行無常

出川 哲の諸行無常 雑記BLOGです。

自営業の社長の息子に生まれた定めを回避して上手く生き延びる方法

こんにちわ。出川 哲郎ではない。
出川 哲だ。

 

こう見えて出川 哲は自営業の社長の息子だ。

f:id:degawa_tetsu:20180213180309p:plain

自営業の息子に生まれた長男の運命

生まれた時から思えば、両親共に共働きで良く遊んでもらったり

世話をして貰った覚えはほぼない。

なので・・・子供の頃の親との思い出なぞほぼない。

父親が社長で、母親も役員。

ずっとその背中を見て育ってきた。

 

今思えば喧嘩ばかりと言うか揉め事しか

親子間で経験していない。

休日は仕事に駆り出され手伝わされる。

家では放置をされ、親の帰りも遅い。

正直な所・・・

 

子供の頃の記憶を辿っても憎んでも居ないが感謝もしていない。

 

お金の面ではある程度自由にさせて貰っていたが・・・

何かトラブルがあっても世間体を気にしてあまり子供の自分を信じてもらえなかった。

勿論、グレた。

勉強もせず遊び呆けていた。

周りからは社長の息子としてチヤホヤされるが、それはお金あっての事。

この人に近くにいればお金が降ってくると考えている輩が多いからだ。

 

そんな事を子供の頃から植え付けられてしまったので・・・

 

世の中お金が全てだと

自然と思い込むようになってしまった。

 

世の中はお金が全てでは無いがお金である程度解決できる。

小さいながらに独りで過ごしていて(姉も居るがほぼ絶縁状態だ)多感な時期を

過ごして陥った答えがそれだった。

 

そんな悲しい事言うなよ!!

 

と言う輩もいるとは思うが・・・

今すぐ、ここで100万円が降って来たら言う事が180度変わるだろう。

実は今も、その仕事を手伝いつつ自分の生きる術を模索している。

 

自営の息子として生まれた定めを回避して生き延びる方法

これが出川 哲が考えた方法だ。

  • 親を親と思わない。社長と思え。自分は独りだ
  • お金が全てを解決してくれる。何故なら、稼ぎを出せば社長(父親)は良い顔をするからだ。
  • 社長(父親)仕事以外にも収入源を確保する事

以上の事より・・・何より・・・

 

家族に感情移入をしない事

 

だ。悲しい事言うなと言うかもしれないが・・・

人間お金が絡むと家族でも人間が変わる。

職場の上司であり、家族である親や兄弟には一切プライベートでは

関わってはいない。

 

と言うか・・・

 

関わってはいけない。

 

答えは簡単・・・

お金の事や仕事の事で必ず揉めるからだ。