出川 哲の諸行無常

出川 哲の諸行無常 雑記BLOGです。

資格を沢山とる必要はあるのか?

こんにちわ、出川 哲だ。

出川 哲郎ではない。

 

このフレーズは覚えて置いて欲しい。

 

さて、学歴社会・資格社会と言われる昨今の日本・・・

 

資格は働く上で必要になってくる

世間的には知られていない資格も多数あるだろう。

今いえる事は・・・やりたい仕事の資格をまず若い時にとるべきだ。

f:id:degawa_tetsu:20180212144038j:plain

その仕事が自分に合わないと思えば・・・

普通の人は他の資格を取ろうとするだろう。

 

それが普通だ。

 

ましてや資格マニアの様に・・・

資格を取り続ける必要性があるのか?

 

そんなことは一切ない。

資格マニアと呼ばれる方の記事を紹介。

useacc.com

 

資格取得を目指す事で勉強癖がついたり、勉強の仕方を身に着ける・・・

人間力をプラスする・・・

 

と言った事が書かれている。

資格を沢山取ってそれを喜びにする事も一つだろう。

 

この方を例にとってあげると・・・税理士をメインに仕事にしてる上で

ファイナンシャル・プランニング技能士

宅地建物取引士(旧・宅地建物取引主任者

 

等を取得しているようだが・・・

その道の人間には必須の資格。

 

結局は必要ない資格は取る必要は無いと

出川 哲は考えるよ。

 

だって時間の無駄じゃね?

意見は人それぞれだけど・・・

 

勉強嫌いな出川 哲は資格は必要ない資格は取りたくありません。

 

必要な資格を取ればいいと思う。

やはり出川 哲が必要とするのは人との接し方、何より社会に適応できる

髙い順応性だと思う。

 

これはいくら学歴・資格を持っていても自分がしっかり色々な場面で

適応できないと中々難しいだろう!!

 

読者の方々はどう思われるだろうか?

 

高学歴・資格を沢山有する人を批判するわけでない。

必要のない事はしないべきだという考え方。

 

省エネで人生生きれるならそれが一番じゃないのかな?