出川 哲の諸行無常

出川 哲の諸行無常 雑記BLOGです。

PM理論から社会での生き延び方を学ぶ・上司との距離感を取る方法

こんにちわ、出川 哲だ。

出川 哲郎ではない。

 

心理学についてお届けしているが、今回はPM理論についてお届けしよう。

 

kotobank.jp

・PM理論とは集団機能という観点からリーダーシップの類型化を試みた三隅二不二によって1966年に提唱された理論である。
・リーダーシップを科学的・実証的に分類するためには、リーダーがどの程度リーダーシップを発揮しているかを測る「ものさし」(測定尺度)が必要となり、三隅博士は、第一線の現場監督者のリーダーシップ行動から情報収集しまとめた。
・結果として、リーダーシップ行動は450項目にも及び、その行動の中から生産性や労災事故の減少などと特に関係の深い項目を選び出したところ、63項目になった。
・子分析という手法を用いて分類、整理を進めた結果、、リーダーシップ行動には大きく二つの柱があることが明らかになった。
・集団機能は一般に、P機能(Performance function:目標達成能力)とM機能(Maintenance function:集団維持能力)により成り立っている。
・P機能は目標設定や計画立案、指示、叱咤などにより、成績や生産性を高める能力を指す。
・M機能は集団の人間関係を良好に保ち、チームワークを強化、維持する能力を指す。
・PM理論では、P機能とM機能の2つの能力要素の強弱により、リーダーシップを以下の4つに分類して評価している。(PM型、Pm型、pM型、pm型)

【1】PM(P・Mともに大きい)
生産性を高め、目標を達成する力もあり、集団を維持しまとめる力がある。リーダーの理想像。

【2】Pm型(Pが大きく、Mが小さい)
生産性を高め、目標を達成する力はあるが、集団を維持しまとめる力は弱い。

【3】pM型(Pが小さく、Mが大きい)
集団を維持し、まとめる力はあるが、生産性を高め、目標を達成する力が弱い。

【4】pm型(P・Mともに小さい)
生産性を高めることができず、目標を達成する力も弱く、集団を維持し、まとめる力も弱い。
リーダー失格タイプ。

と言う事だ。

 

f:id:degawa_tetsu:20180303010133j:plain

社会で大事な人間関係は上司

社会人にもなると職場での上司との過ごす時間がとても多くなると思う。

そこで上のPM理論がとても役にたつ。

 

P=目標達成の為に部下に働きかける事

M=集団の存続のために部下に配慮する事。

 

PM型は理想の上司とされ、目標達成・集団維持能力が高いとされています。

Pm型は仕事熱血型で、目標達成能力は髙いがコミュニケーション能力に欠ける。

pM型は平和主義すぎて、集団維持・強化を図ろうとするがいかんせん達成しづらい傾向に。

pm型は遊び人タイプで、仕事を達成するどころか集団・部下を維持する事もままらない。

 

とされています。自分の職場で当てはまる上司のタイプを探してみてください。

この様に上司のタイプを当てはめていくと仕事が円滑に運ぶかも?