出川 哲の諸行無常

出川 哲の諸行無常 雑記BLOGです。

モンスターハンターワールド:モンスター ヴァルハザクについて

こんにちわ。出川 哲郎ではない。
出川 哲だ。

mhworld.jp

f:id:degawa_tetsu:20180307231857j:plain

ヴァルハザク攻略

瘴気の谷に生息する、瘴気に侵されたおどろおどろしい見た目の古龍種のモンスターで、ストーリーの終盤で登場する。

瘴気と共生関係にあり、体から常に瘴気を放っているのが大きな特徴で、瘴気のブレスを使ったり瘴気をまき散らしたりしてプレイヤーを攻撃する。
ハンターが瘴気攻撃を受けて瘴気侵食状態になると、体力の最大値が大きく減少してしまう。
瘴気侵食状態はウチケシの実で回復することができる。

周囲にまとった瘴気を消費すると周囲にいる瘴気に侵されているモンスターから瘴気を集める。

【ヴァルハザクの特徴】
・ 周囲にいる瘴気に侵されたモンスターの瘴気を吸い取って自身を強化する。
強化された状態では、様々な攻撃パターンが強化される。
・ フィールドに白い瘴気を発生させ、瘴気のある場所にいると少しずつダメージを受けてしまう。

【ヴァルハザク攻略のポイント】
・ 古龍なので罠が無効で疲労状態にならないが、麻痺と乗り状態は有効なので動きを止めるのに有効。
・ 周囲の瘴気に侵された小型モンスターを倒すことで瘴気の吸収を防ぐことができる。
・ 瘴気侵食状態の対策としてウチケシの実を持ち込んでおきたい。
フィールドにウチケシの実の効果を一定時間発生させる特殊装具の「解除の煙筒」も対策として有効。
その他、スキルで「瘴気耐性」のスキルをつけていくのも非常に有効。瘴気耐性をレベル3まで上げていくと瘴気の攻撃を受けても瘴気侵食状態にならない。

【縄張り争い】
・ オドガロンと同じエリアで対峙すると縄張り争いが発生する。
縄張り争いではヴァルハザクが勝利してオドガロンに大ダメージを与えるが、ヴァルハザクの瘴気の量が減少する。

ヴァルハザクの攻撃パターン

攻撃方法 詳細
なぎ払い瘴気ブレス 右から左方向になぎ払うように瘴気のブレスを放つ。
攻撃を受けるとダメージを受けた上で瘴気やられになり、体力の最大値が減少してしまう。
前方にいる場合は回避が難しいので緊急回避を使用して回避するのも状況によっては必要。
ブレスの攻撃時間が長いため、側面に回り込むことができていれば弱点の頭に攻撃できるチャンスがある。
かみつき攻撃 前方にかみついて攻撃する。
突進攻撃 前方に突進して攻撃する。
瘴気まとい状態の場合突進を受けると瘴気侵食状態になる。
ボディプレス 上半身を持ち上げてから地面に叩きつけて、周囲に瘴気を拡散して攻撃する。
瘴気に触れるとダメージを受けた上で瘴気やられ状態になる。
瘴気吸収 立ち上がって、周囲の瘴気に侵されたモンスターを吸収して自身を強化する。
後方尻尾攻撃 尻尾でなぎ払って後方の範囲を攻撃する。
飛びかかり攻撃 前方に飛びかかって攻撃する。
飛びかかり時に周囲に風圧【小】が発生する。
瘴気拡散攻撃 瘴気を吸収して強化された状態で使用してくる。
立ち上がって大きく翼を広げた後、前方を中心とした広い範囲に瘴気を拡散させる。
瘴気に触れるとダメージを受けた上で瘴気やられになる。
攻撃範囲が広く注意が必要な攻撃。

 

との事だ。参考にして欲しい。